最新の活動報告

剣道精道奥山線の落石対策

特に新緑のころ、芦有ゲートへつづく県道・精道奥山線はとても美しい景観を誇っています。山肌の緑を堪能しながらのドライブは、休日のレジャーとしても楽しんでいただけるおすすめスポットです。
ところが先日、レジャーではなく、日常的にこの県道を利用される方から「道路に落ちてきそうな大きな石があって心配」と通報を頂きました。

崖の上の木にはさまって止まっているかのような・・・岩

 ご指摘を頂いた箇所(カーブ番号4番~5番の間付近)は、道路のすぐ横まで崖が迫っている地形です。崖の上の大きな岩にドキドキしては楽しいドライブとはいきません。

兵庫県の担当課に問い合わせたところ、岩の存在は既に認識しており、対策を検討中でしたが、この岩の存在も含めた当該箇所のがけ崩れに、より総合的に対応していただくため、頑丈な「ポケットネット」を設置していただく事になりました。

落石防止ネット施工完了

大雨等の影響で岩が動いても、道路への落石は防ぐことが出来ます。

 


シルバーカード事業をご存じですか?

シルバーカード   ハピネスクラブ

 高齢化が進行する中、高齢者が住み慣れた地域で仲間の輪を広げ、支え合いながら暮らしていくためには、地域の担い手としての老人クラブ等の役割は大変重要です。ところが兵庫県下では60歳以上の人口は増えているにも関わらず、老人クラブに加入している人の数は年々減少する傾向にあります。こうした状況を打開するため、県下でもやる気のある老人クラブは活性化のために様々な努力を重ねています。
わが、芦屋市の老人クラブ連合会においても、名称をハピネスクラブと改めたり、シルバーカードを発行するなど新しい取り組みを積極的に行っておられます。老人クラブが発効するシルバーカードに加入すれば、地域の商店などで割引やプラスアルファのサービス等の特典が得られるようになり、高齢者にとっても恩恵があると同時に地域経済の活性化にもつながる優れた取り組みです。先行してシルバーカードを導入した高砂市でも老人クラブへの加入者数増加や地域の商店の利用者促進といった効果をあげています。平成29年時点で県下8市町に取組が拡大しており、全国的にも注目を集めつつあります。
老人クラブ活動は、高齢者自身の喜びや充実感をもたらすと同時に介護予防にもつながり、活力ある高齢社会つくりの大きな推進力になり得ます。
芦屋の高齢者の皆さん、「シルバーカードって何?」と興味をもっていただきましたら老人クラブ連合会までぜひお問い合わせしてみてください。

 

2月定例会で質問に登壇(平成29年2月)


2月定例会

第335回定例会で一般質問に登壇しました。
2月17日に開会した県議会定例会。議案上程が行われたのち、2月23日から会派を代表しての
代表質問に続き2月24日から4日間にわたって一般質問が行われました。
私の登壇は質問最終日の3月1日となりました。県議1期目の頃は比較的日程の初めに順番が
回ってきましたが、2期目になると後半の登壇機会になります。多くの議員が様々な角度から
既に質問を行った後に自分の順番がやってきますから、質問の内容が重複しないか少し
ヒヤヒヤします。
幸い、県政の課題が幅広いため、他の議員と大きく内容がかぶってしまった事はこれまでに
ありませんが…。県政の課題を直接知事とやり取りできる貴重な機会です。
与えられた45分の時間をフルに活用できるよう常に全力で臨んでいます。
一問一答方式により以下の項目につき質問しました。:

1 兵庫県の起業支援体制について
2 シルバーカード事業等を活用した老人クラブ活動の活性化について
3 固定資産台帳の有効利用による施設の適正管理や官民連携の推進について
4 潮芦屋のまちづくり完成に向けて
(1)人工海浜の再整備について
(2)電線地中化の先進事例としてのまちづくりについて

兵庫県議会のHPにて動画をご視聴になれます。
議事録よりも議論の内容がわかりやすく伝わるように思います。
ぜひ動画をご視聴ください。

兵庫県議会HP → 最近の定例会・臨時会 → 代表・一般質問
→ 過去の定例会臨時会の概要 → 平成29年2月第335回定例会 
→ 代表・一般質問 → 3月1日幣原みや

平成28年6月 県政報告会を開催しました。




 4月から始まる新年度は、兵庫県にとっての地域創生元年です。人口が微増傾向にある芦屋市に在住の皆様は、人口減少社会の実感はないかもしれません。でも、兵庫県全土で、また日本全体で、今後激しい人口減少にさらされる未来が予想されています。芦屋市にも確実に影響が及ぶ日がやがてやってきます。少子高齢化社会にあっても、地域の活力が維持できるよう、都市部においても今から真剣な取り組みが必要です。

 地域創生元年予算を執行する中で、28年度に実施される県の事業、また、そのうちで芦屋市に関係の深いものについて、概要説明を行いました。一例をあげますと、人口流出を防ぐための第一歩は、地域が安全であることです。東日本大震災以降、心配される津波被害防止対策についても、宮川河口付近の河川老朽化対策が実施されすでに改良工事が行われたことや、本年度の事業としてさらに、呉川町付近の老朽化対策が実施予定であることなどご説明しました。また、地域の景観や治安を守る取り組みも、街の魅力を維持するためには不可欠です。本年度から、都市部での空き家対策として、空き家を地域活動の拠点などとして改修するための費用に補助が利用できるようになりました。(注:もちろん所有者の了解が必要です)従来は、過疎化が懸念される郡部のみで利用可能な制度でしたが、芦屋のような人口密集地でも申請できるようになりました。今後の活用に期待して制度の広報をさせていただきました。

 本年度予算については、予算特別委員会でも質問に登壇しております。動画でご覧になれます。ぜひご視聴ください。
兵庫県議会HP
議会中継/ライブ中継
録画配信
平成28年度予算特別委員会
3月7日(月)企画県民①
3月8日(火)健康福祉部 
3月14日(月)教育委員会
3月16日(水)
自民党県議団代表総括質疑
 さらに、ゲストスピーカーとしてお招きした兵庫県健康福祉部 四海福祉監から、子育てや女性の社会進出をめぐる県下の状況についてわかりやすくご講演いただきました。統計データ等も利用して、県民に兵庫県の未来の姿をイメージしていただきながら、県が進める福祉施策をご説明いただきました。参加された高齢者の方からも、「少子化に貢献する必要を再認識した。」「勉強になった。」と大変好評をいただきました。


平成28年4月 芦屋川の安心と景観


 芦屋市の中心を流れる芦屋川は、自然の憩いと美しい景観をもたらしてくれる芦屋の象徴的存在です。ところが、近年よく発生するようになった集中豪雨などの影響から土砂が大量に堆積し、景観のみならず安心も脅かす状態になっていました。




 自治会連合会の一部の方からも相談を受け、兵庫県河川管理課に川の改修を依頼しました。兵庫県全域には、まだまだ改良工事の必要な危険な場所があるので、直ちに芦屋川には予算はつけられないという回答が返ってきましたが、「地元の住民の方が梅雨のシーズンを前に不安に思っておられること、や天井川である芦屋川の特性」を再度粘り図よく訴えたところ、浚渫の予算をつけていただくことが出来ました!今年の梅雨の前に安全で美しい芦屋川が戻ってきました。


浚渫工事後。土砂が覆っていた同じ地点から。↑

市民の意見の後押しを頂いた事例です。

大正橋付近から、芦屋川河口まですっかりきれいになりました。


【連絡先】 TEL 0797-38-1138  FAX 0797-35-0135