しではらみや12のプラン

しではら みや は、すべての市民に寄り添い
「世界一の街・芦屋」を目指します!

しではらみや12のプラン

プラン1

市民力の強化を

兵庫県版「地域創生交付金」創設の経験を活かし、市内の地域単位で自由に使える「地域予算」の導入を目指します。地域人材を育成し、市民力がいきいきと発揮される仕組みを創ります。

プラン2

しなやかに災害を防ぐ

潮芦屋護岸や宮川河川堤防の嵩上げを前進させた実績を活かし、深刻化する災害を防ぐ基盤整備を目指します。同時に避難所や防災情報の発信手段を工夫し自助・共助力の強化で総合的な防災力の向上につなげます。

プラン3

教育で未来にいどむ人づくり

地域総参加で芦屋の教育力を高めます。国際社会で活躍できる人材はもとより、ふるさとマインドを大切にする次世代を育成します。この街を支える力が50年、100年続くために。

プラン4

子育て・女性の活躍サポートに多様な選択肢を

病児保育や地域祖父母など多様な制度を活用し、子育て期の女性の自分時間の充実を目指します。起業・就職・地域活動などあらゆる社会参加を応援します。

プラン5

安心できる地域医療を誰もが手の届くものに

住み慣れた芦屋での在宅医療の充実を進めます。乳幼児・子供医療助成の所得制限緩和と共に、検診の機会を充実し未病社会を目指します。

プラン6

健康で人にやさしい街づくり

障がいのある方も高齢者も、すべての市民が利用できるスポーツの拠点整備で、市民の皆さんの元気を応援します。

プラン7

都市基盤整備と併せ、芦屋ブランドエリアを確立します

阪神電鉄の立体交差事業など都市機能の利便性を高め、市内のバリアフリー化を促進します。地域ごとの特性を活かしたエリアブランディングを進め地域活性化と発信力強化に努めます。

プラン8

庭園都市を受け継ぎ持続可能な環境都市を目指します

街路樹や緑道は街の魅力を高めるグリーンインフラです。市民が憩えるみどりの空間を計画的に管理・充実させます。環境都市としてプラスチックごみ等の抑制対策のモデルケースを創ります。

プラン9

文化の力で人口減少社会を迎え撃ちます

先人たちが大切に培ってきた芦屋文化はこの街の財産です。街の魅力として発信することで、子育て世代にも選ばれ続ける芦屋にします。

プラン10

地域に根ざした商業支援で芦屋版の賑わいのある街づくり

芦屋にふさわしい商店のPR方法を事業者と共に考え支援します。地元のお店のファンづくりを応援し、芦屋に根づいて事業を継続する事のインセンティブを創設します。

プラン11

家庭と地域の温かみが感じられる福祉行政を充実させます

介護予防のメニューを拡充させます。医療と介護・生活支援の連携を強化し、高齢になっても芦屋で暮らしやすい環境を整えます。

プラン12

近隣市との地域連携で芦屋の魅力拡大。広域行政で効率化を目指します

芦屋の自慢の美味しい給食!食材が淡路市から来ていることをご存じですか?都市部とは違う特性を持った友好市と連携することで芦屋のくらしの質を高めます。同時に西宮市とのごみ処理広域化のように2市で1つの機能に集約することで効率化を進めます。